Gas diffusion layer property analyzer

7.jpg

  1. 装置名 : 気体拡散層物性評価装置 (CPRT-10)

     
  2. 適用分野

    -. 燃料電池用の気体拡散層の核心基礎物性分析

    -. 色んな材質の多孔性物質に対する評価

    -. 研究開発段階の基礎物性確保及び量産工程の品質管理

     
  3. 装備の特徴

    -. 一つの装備で気体拡散層のさまざまな物性値の測定可能

    -. 実際の燃料電池を結んだ時に気体拡散層物性値変化の確認可能

    -. 色んな種類の気体拡散層試料の測定可能
    -. 自動化運転及びモニタリングプログラム
    -. ユーザーフレンドリーな結果報告

     
  4. 装置スペック

    1. 圧縮部 
      -. 測定圧力範囲:: (0 ~ 30) bar
      -. 圧力測定正確度:1% 以下 (f.s.)
       
    2.  気体透過度測定部)
      -. 差し押え測定範囲 : (0 ~ 2000) mmH2O
      -.  差し押え測定分解能 : 1 mmH2O 
      -. 流量測定範囲 : (0 ~ 2,000) sccm
      -. 流量測定分解能 : 1% (f.s.)
      -. 使用気体:ドライ空気
       
    3. 厚さ測定部
      -. 厚さ測定範囲 : (0 ~ 10) mm
      -. 厚さ測定分解能 : 1 μm
       
    4. 電気抵抗測定部
       -. 抵抗測定範囲 : (0 ~ 3) MΩ
      -. 抵抗測定分解能:μΩ 以下
       
    5. システム制御及びモニタリングプログラム
      -. 仮想のコントロールパネル
      -. 自動運転
      -. データのモニタリング
       -. データの管理
      12.jpg 
       
  5.  その他の製品

    -. 燃料電池評価のための極低温の恒温チェイムボ

    -. 熱伝半導体を用いた温度制御機

     
  6. 代表的な実験結果

    -. 圧縮 vs 厚さ vs 電気抵抗
                           8.jpg 

    -. 圧縮 vs 厚さ vs 平面形透過度
                          9.jpg  

    -. 流量 vs 貫通形透過度
                     10.jpg

    -. 時間 vs データ
                    11.jpg